トップ > コウジ酸、驚きの効果

男のしみ対策・シミケア化粧品の切り札、コウジ酸について

コウジ酸の開発元 三省製薬に聞きました

コウジ酸驚き効果

美白成分・黄ぐすみ防止成分
コウジ酸

三省製薬株式会社

福岡県大野城市に本社を置く、化粧品成分および化粧品を開発する製薬会社。
1960年の創業以来、コウジ酸や医薬品プラセンタエキスの開発など、50年以上にわたってスキンケア成分の開発を手掛けている。

お話をお伺いしたのは、

伊賀和宏 さん

三省製薬株式会社 素材開発部 部長

「しみ」防止成分、コウジ酸開発秘話

コウジ酸の開発背景について聞かせてください。

酒造りをおこなう現場で古くから言い伝えられていた伝承をもとに、日本酒や味噌・醤油などの醸造に使われる麹(こうじ)にいち早く着目し、麹菌の発酵過程で生みだされる発酵代謝物質「コウジ酸」がしみのもとメラニンをつくる酵素の働きを抑えることを突き止めました。

その後、化粧品に配合可能な成分として本格的に開発に着手。

13年もの長きにわたる研究のすえにようやく開発に成功し、1980年の薬事法改正後お肌において確かな効果と安全性が実証された初の医薬部外品・美白有効成分として承認されました。

皮膚科での治療にも活かされてきた
コウジ酸「しみケア」力

しみは肌トラブルの中でも大変手ごわく、しみケア用製品は効果を実感しにくいと言われますが、コウジ酸の 美白力(「しみケア」力)について教えてください。

美白化粧品は、コウジ酸の認可を皮切りに、新たな美白成分や、数々の美白商品が登場し、1990年代前半には、美白ブームが巻きおこりました。

そのような中で、コウジ酸は、その実力をかわれ、いち早く肝斑や日光黒子といったしみの治療に取り入れられました。

実際、皮膚科でコウジ酸を含むクリームを処方された患者さんのお肌では、しみやそばかすが薄く、目立たなくなることが明らかになりました。

1988年の初承認から現在に至るまで、コウジ酸は美白のスタンダード成分として、皮膚科医からも高く評価され、全て三省製薬より供給しています。

コウジ酸による「しみ」へのアプローチ

コウジ酸は、どのようにしてしみに働きかけるのでしょうか?ほかの有効成分と比べ、コウジ酸の特徴的な働きはありますか?

しみのもとになる色素「メラニン」は、肌色や髪色のもとでもあり、外部の刺激から肌を守る役割も果たしています。

本来は、肌の代謝で自然に排出され、必要な量だけ肌に残るんですが、紫外線ダメージホルモンバランスの乱れで過剰生成されると、肌にメラニンが蓄積してしみとなり、定着してしまうんです。

コウジ酸の最大の特徴は、メラニンをつくる酵素の働きを抑えるだけでなく、メラニンの生成が始まる前に先まわりして、早い段階からアプローチすることです。

中でも、メラニン生成を促す@情報伝達物質の産生、A活性酸素の発生、B炎症の3つのダメージを効果的に抑制し、メラニン生成を未然に防ぎます。メラニン生成をいち早く食い止めることで、濃く広がるしみに対して有効に働きかけます。

実験でわかる!コウジ酸の実力

実は、コウジ酸の実力と安全性を実感していただける興味深い実験結果があるので、ご紹介します。黒い金魚のうろこには、人と同じようにメラニン色素があります。この黒い金魚を、コウジ酸を添加した水で飼育すると、メラニンの生成量が抑えられ、金魚は元気なまま、下の写真のように、うろこだけが退色します。

しかし、再び普通の水で飼育すると、うろこが本来の黒色に戻ります。こうしたことから、コウジ酸は細胞やその機能は傷つけずに、メラニン生成だけを抑える、安全性と美白力に優れた成分であることがわかります。

メラニン生成の抑制と安全性を高いレベルで両立

もう1つ、コウジ酸の実力を実感していただける実験動画があります。 人と同じようにメラニン生成酵素を持っているマッシュルームを半分にカットし、片方にだけコウジ酸溶液を塗ります。そして、2つのマッシュルームに、メラニンの原料となるドーバ溶液というものを塗布します。

すると、コウジ酸を塗っていないマッシュルームはすぐにメラニンの生成が始まって、褐色化するのに対し、コウジ酸を塗ったマッシュルーム、は、白いまま維持されます。ぜひ下の動画をご覧ください。

コウジ酸によるメラニンの生成の抑制作用をリアルに実感いただけます。

コウジ酸を添加した水で2ヶ月飼育し、色が薄くなった出目金。(三省製薬調べ)

男の「しみ」に対するコウジ酸の有効性

最後に、教えてください。しみケアや美白製品は、女性向け商品が多いと思いますが、コウジ酸は男性のしみに対して効果が期待できますか

男性のしみとコウジ酸については、当社と共同でコウジ酸の研究をすすめている皮膚科医の陳先生にお話を伺いました。以下、先生のご見解を紹介いたします。

目黒 陳皮膚科クリニック院長
陳 科榮 先生

1993年より荻窪病院皮膚科部長として、その後東京都済生会中央病院皮膚科部長に。
豊富な治療経験をもち、2015年開院。国内外の学術発表や講演で活躍。

男性の顔のしみと黒くすみに対するコウジ酸の有効性に関して

男性は、仕事やゴルフなどで紫外線に当たる機会が多く、また、シェービングなどで物理的な肌への刺激を日常的に受けています。しかし、習慣的に日焼け止めを塗ったり、炎症を受けた肌をケアしている男性は、まだまだ少ないと言えます。

さらに、男性の肌は女性に比べて皮脂の分泌量が多く、皮脂は紫外線にさらされることで酸化し、炎症・メラニンの過剰産生を引き起こしてしまいます。 これらの肌環境は、男性の顔のしみや黒くすみができやすい要因と考えられています。

これら男性が日々受けている紫外線や炎症による影響に対して、コウジ酸の高い効果が確認されています。これまでの研究では、コウジ酸に抗炎症作用が確認されており、長年の臨床試験からは、紫外線や炎症によって生じるしみを改善し、顔全体の透明度を高める美白効果が確認されています。

伊賀さん、大変興味深いお話と参考になる実験結果をご紹介いただき、ありがとうございました。