「老け」はいらない、「味」のある男に !クリームではじめる【メンズ エイジングケア】

特集記事2020.11.18

男のエイジングケアは
ビジネスシーンにも影響!?

毎日鏡を見つめて、自分の顔の変化に一喜一憂する・・。そういう男性はあまり多くはないかもしれません。

ただ、電車の窓に映る自分の顔に違和感を感じたり、ふと鏡に映る自分の顔に以前はなかったシワやたるみ、シミを発見し「あれ?なんだか老けた!?」と愕然とする、なんて経験は誰にでも少しはあるのではないでしょうか。

男性の美容意識が高まっていると言われる昨今ですが、やはり女性と比べると普段からエイジングの予防や対策に力を入れる方はまだまだ少なく、中には「男が外見を気にしすぎるのは格好悪い」なんて抵抗のある方もいるかもしれません。

しかし、実は男性にとってのエイジングケアは「美醜」の問題ではなく、「男としての生命力」や「パワフルさ」の印象に直結する、ビジネスシーンやプライベートさえ左右しかねない重要な課題なのです。今回は、はじめてエイジングケアにトライされる男性に向け、エイジングケアの重要性や、手軽に取り入れやすい方法についてご紹介していきます。

いつまでも若さと健康を保つためには、体をトレーニングで鍛えるように、エイジングケアでの肌のメンテナンスは欠かせません。毎日ほんの少しの時間でいいので、トレーニングよりずっと簡単ですよ!

肌は「男の生命力」のバロメーター
日々のメンテで、内面までポジティブに魅せる

「枯れオジ」なんて言葉が流行したように、年齢を重ねることで生まれる「味」は大人の男性ならではの魅力の一つ。だからといってケアをせずただ放置すると「味」ではなく単なる「老け」に繋がってしまいます。もちろん必要以上に若作りをする事はないけれど、実年齢以上に見られてしまう「老け顔」は疲れて見え、周りの人にパワー不足や弱々しさを感じさせてしまうことも。ビジネスシーンにおいてはマイナスに働いてしまうかもしれません。

例えばアメリカでは、大統領選挙などでもみられるように、良いチャンスは能力が同じならできるだけ若い人の方にあげたいという考え方があるそうです。「若い=パワーがある」ため、より良い結果を出し、しかも長い期間発揮できるだろう、というのが理由とのこと。

本来、年齢と内面のエネルギーは関係ないはずだけれど、印象に左右されるのが人間というもの。清潔で健やかな肌は、外見の美しさだけでなく、内なるパワーや生命力を感じさせる印象のバロメーターとして重要な役割を果たしているのです。

エイジングケアで年齢そのものを若くすることはできませんが、肌を若々しく健康に保つことで自分の内面をよりポジティブに外に表現していくことは可能。良い人間関係を作り、何より自然体でより自分らしく年齢を重ねていくことができるようになるのです。

 

しわ、たるみ、ハリ不足… 男の“老け”の原因は?

そもそもなぜ肌は老けるのでしょうか?

男性の肌が老ける大きな原因として考えられるのが「紫外線」と「乾燥」。

毎日のメイクやUVケアが習慣化している女性と違い、ほとんどの男性は一年中、素顔に紫外線を浴びている状態。夏の強い紫外線は、シミを作り、肌の奥の真皮層という肌のハリを司る部分にダメージを与えるため、たるみやハリ不足の原因にもなります。

さらに秋冬の乾燥しやすい季節も要注意。実はメイクをしない男性の方が乾燥した空気の影響を受けやすいと言えます。いわば顔が裸の状態なので、乾燥した空気に肌の水分を奪われていきカサカサと肌が荒れ、放置すれば本格的なしわになってしまうことも。

「紫外線」や「乾燥」から肌を守ることが、エイジングケアの基本であり最も重要なポイントなのです。

「+クリーム」で手軽にはじめる
枯れない男のエイジングケア

夏以外でも紫外線を浴びる際は日焼け止めを使うなどUVケアを心掛ける事はもちろん大切ですが、特に乾燥しやすい秋冬には保湿ケアも欠かさず行っていきましょう。またうるおいだけでなく、年齢と共に失われがちな肌の体力を上げてくれるような栄養分も一緒に補給してあげるとより一層効果的です。

具体的には、化粧水の後にエイジングケア効果のある美容液を使用するのが一般的ですが、おすすめしたいのが、エイジングケア効果のあるクリームを使用する方法。

クリームの油分が肌の表面に膜を張り、美容液成分をラップのように閉じ込めてくれるので、肌を潤わせながらより効率的にエイジングケア効果を得ることができます。

乳液の役割も兼ねるので、化粧水の後はクリームだけでOK。いつも洗顔後は化粧水だけという方も、クリームを1品プラスするだけなら、手軽にエイジングケアを続けていただけるはず。

普段、化粧水と乳液を使っている方には、乳液をエイジングケアクリームに入れ替えてケアしてみてください。

クリームが苦手な方にこそ試してほしい
ユーザーレビューNo.1「エイジングケアクリーム」

「クリームはベタつくから苦手」とクリームに苦手意識のある男性は多いもの。しかし、そんな方にこそぜひ一度お試しいただきたいのがクワトロボタニコの「ボタニカル パワーリフト&ディープモイスト」です。

こちらの商品、実はクワトロボタニコシリーズの中でもユーザーレビューNo.1を誇る、満足度が圧倒的に高い商品なのです!

ジェル状だからすっとのびて、
さらりとした使用感

男性専用に開発したエイジングケアクリームだからこそ、男性の苦手なベタつきをなくすことにこだわりました。クリームですが、驚くほどすっと伸びる軽いジェル状のテクスチャーなので「ベトベト感はなく爽やかなつけ心地なのにしっとりする」と使用感に対するレビューを多数いただいています。

使用方法も、化粧水のあとにブルーベリー粒大の量を下から上へやさしく塗るだけととても簡単!乾燥も気になるけどベタつきも気になるという皮脂分泌が活発な人は、皮脂腺がほとんどない目の周りや、皮脂が取られやすい髭剃りあとなど、乾燥しやすい部分だけへのピンポイント使いもおすすめです。

天然由来成分を贅沢に配合
エイジングケアに効果的な美容液成分

中でも1番のこだわりは、ハリと潤いのエイジングケアの美容液効果。大豆由来のタンパク質、ボタニカル プロテインが肌細胞を元気にし、ハリと弾力のみなぎる肌に。コメ由来のボタニカル セラミドが潤いを長時間キープしてくれます。また、大人の男性の4大肌トラブルと言われる「乾燥・ハリ不足・皮脂トラブル・毛穴トラブル」に働きかける4種の植物エキスも配合しています。使いはじめてから短期間で効果を実感できたという声を多くいただいているのも、このクリームの特長です。

 

 

エイジングケア*クリーム

翌朝の肌が変わる
ピンっ!と弾むハリ肌へ

べたつかない気持ちのいい使用感の高浸透ジェルクリーム。

化粧水の後、このクリームをひとぬりすることで、肌へうるおいに満ちたハリを与えて、エイジングケア*。

* 年齢に応じたうるおいのケア

ボタニカル
パワーリフト&ディープモイスト

  • 50g(2-3ヵ月分)

3,200 yen + tax

合わせて使いたい、オールインワン化粧水

1本で化粧水と乳液を
ぬったような保湿感

植物エキスを贅沢に配合した美容液のようにトロりとしたローション。肌に素早く浸透し、表面はべたつかずさらさらに。

特に乾燥、肌荒れ、ハリ不足が気になる方におすすめです。

ボタニカル
ローション&アフターシェーブ

  • 115mL(2-3ヵ月分)

2,000 yen + tax

「面倒な事や努力はなしで、いつでもいつまでもカッコよくいたい」というのは残念ながら無理な話ですよね。いつものケアにクリームをプラスして、さりげなく自然体に年を重ねるための「大人の肌メンテ」をはじめてみませんか?

エイジングケアは無理に年齢に抗うことが目的ではなく、不必要に老けて見えないこと、そしていつまでもパワーあふれる内面を表現するための手段です。

「老け顔」になるのか、「味のある大人の男」になるのか。日々のエイジングケアの積み重ねが、その分かれ道になりそうです。

 

 

 

クワトロボタニコ(QUATTRO BOTANICO)
「枯れない男の肌メンテ」をコンセプトにかかげる日本発のメンズ ボタニカルスキンケアブランド。「肌が変わることで、人は内面や人生までをも変えられる」という信条のもと、自己を高め続ける大人の男性の肌メンテンナンスをサポートするスキンケア製品を揃えています。ブランドの詳しい情報は、こちらから

SEARCH