【初心者向け】かっこいい無精ヒゲのスタイリングと肌メンテ

特集記事 2020.6.6 Facebook Twitter はてなブックマーク

ちょっとカッコいい無精ヒゲにトライ。
初めての人の、ヒゲのスタイリング&肌メンテのコツ

最近働き方が変わり、テレワークで、人に会う機会が少なくなった人も多いのでは。男なら、こういう時にやりたくてもできなかったヒゲ、できればおしゃれな無精ヒゲにトライしたくなるもの。しかし、ただヒゲを伸ばしただけでは、だらしない人に見えるため注意が必要だ。今回は、上手なヒゲのスタイリング方法と、シェービングと肌メンテのコツを伝授しよう。

専門家に聞く、初めてのヒゲを上手にスタイリングする方法

どうせやるなら基本が知りたい。初心者のヒゲのスタイリングの仕方について、シェービングにも詳しい男性美容研究家の藤村岳さんに伺った。

藤村 岳(ふじむら がく)
藤村 岳
ふじむら がく
男性美容研究家
1973年、東京生まれ。大学卒業後、植物関連の雑誌・書籍の編集を行い、ハーブやアロマテラピーの知識を得る。そんな中、男性が読む美容記事を、美容ライターという毎日ヒゲを剃らない女性が書くことに違和感を覚え、独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動中。総合情報サイト『All About』にて「メンズコスメ」のガイドも務めている。数々のテレビ番組やラジオなどの出演のほか、講演・イベント・コスメの監修やブランディングなども行う。

■まずはじめに、ヒゲの個性を見極める

「実はやりたいヒゲスタイルが、自分のヒゲの特徴とあっているとは限りません。大切なのはまず自分のヒゲの個性を知ること。最初に全部剃ってから、0から生やすのがおすすめ。濃い人だと3日間くらいで大体ヒゲが生える場所や雰囲気がわかります。逆にヒゲの薄い人は1週間かかっても生えそろわない人もいます。」(藤村さん)

髪型と同じで、自分のヒゲの個性と可能性を見極めた上で、スタイリングを開始しよう。

■ヒゲのスタイリング、ここがポイント

一回剃った後、生える人は5日目くらいで自分のヒゲの生え方がわかるので、そこからシェービング開始。藤村さんによると、コツは少しづつ減らしながら削っていくこと。自分のヒゲの生え方によって、できるスタイルも見えてくるはず。一般的に言って、

  • 顎ともみあげがつなげると、輪郭を作りシャープな印象に。
  • 頬のラインの下にヒゲを生やすと影ができて精悍な顔立ちになる。
  • 丸顔の人はシェーディングを入れるようにヒゲを生やす=高低差を演出して立体感を出すという上級テクニックもある。
  • 一般的にヒゲ面積が多い方が貫禄が出る=年齢が高く見えるので あえて童顔の人がヒゲ面積を増やすというテクニックも。
  • 髪の毛の薄い人は、顎ヒゲを生やすと目線を下にずらすことができる。

ヒゲに長さが出てくるとヒゲの硬さや毛質もわかってくるので、それを考慮に入れることが大切。「柔らかく、カールしたヒゲだとナチュラルで優しい印象になるし、硬く直毛だと強い印象になります。」

つまり、顔立ちに加え、毛量、密度、毛質のコンビネーションがヒゲスタイルの印象を決める。それらの掛け合わせで自分らしいヒゲスタイルを見つけよう。

■何で剃るか、どう剃るか。

T字カミソリでも電気シェーバーでも、普段使うものでヒゲのシェービングはできるが、
「一回全部剃る場合はT字カミソリがいいでしょう。理由は剃る部分と剃らない部分のエッジを出したい時にT字カミソリの方が小回りがきくため。電気シェーバーでヒゲスタイルを作る時はあえてヘッドが小さいもの、2枚刃、3枚刃で剃るとスタイリングしやすい。」

一番いいのはヒゲトリマー。アタッチメントが豊富なのできれいにデザイン&キープすることができる。

一般的に、ヒゲは頬の下あたりは密度として薄く、上唇の上が一番密度が濃い。同じスピードで伸びるが、顔の下の方が濃く見える。「長さは3mmくらいまでに留めておくことが初心者にはおすすめです」。

ちなみに、ヒゲは髪より白髪が目立ちやすいということも。伸ばすと、あれ?と思うことが人によってはあるだろう。試してみて白髪のところはあえて生やさないという選択も出てくるかもしれない。

かっこいいヒゲスタイルを作るためのシェービング&肌メンテのコツ

では実際にヒゲスタイルにトライしてみよう。シェービングやその後のメンテナンスで全般的に気をつけるべきことは、肌を清潔にしつつ保湿を念入りにすること。シェービング自体、肌に負担がかかるし、ヒゲをメンテナンスしていく上でも、清潔で良い状態にしておくことは必須なのだ。

 

1. プレシェーブ

T字カミソリでヒゲを剃る場合にはまず、しっかり洗顔をして清潔にすることが重要。「濡らすことで硬いヒゲが柔らかくなり、皮脂汚れが取れるとカミソリとの抵抗が弱まってヒゲがむやみに引っ張られずにすむからです。」洗顔フォームでしっかり洗うことが大切だ。

ボタニカル
フェイスウォッシュ&
シェービングフォーム
(洗顔・シェービングフォーム)

弾力のあるうるおい「濃密泡」で、皮脂や汚れをすっきりと浮かせて洗い落とす。洗顔から、シェービングフォームまでこれ一本で可能。4種の植物エキスを配合した高機能スキンケア洗顔で、洗い上がりはしっとりすべすべに。ベルガモット&ローズマリーの香りが心地良い。

 

2. シェービング

ヒゲをスタイリングしていく際には一度しっかり洗顔した後、改めてシェービングフォームを剃りたいところに指先で丁寧に塗るようにして。塗るところ、塗らないところの境界がわかるようにすることが大切。

3. アフターシェーブ

ヒゲを剃った後の保湿はとても大切。していないと肌荒れになり肌表面の角層がめくれたりする。 また乾燥すると皮脂分泌が過剰になることも。すると肌がベタつくだけでなく、次回のシェービングの際に刃が引っかかりやすくなり、剃りにくくなってしまう。

保湿と洗顔で滑らかな肌になると、見た目や肌状態が快適なのはもちろん、シェービングの際、剃りやすくなる効果もあるのだ。

ボタニカル
ローション&アフターシェーブ
(オールインワン化粧水)

洗顔やシェービングの後、これ1本で、化粧水、アフターシェーブ、美容液の役割を果たす。肌をうるおし、ハリのある状態に導くオールインワン化粧水。クワトロボタニコ独自の4つの植物エキスで、男の4大肌トラブル (乾燥・皮脂・毛穴・ハリ不足) へ働きかける。

 

 

ヒゲスタイルで大切なのは清潔感を持たせること。新たな自分を発見しよう。

ヒゲスタイルで大切なのは清潔感を持たせること。清潔感は実は、外出先の人だけではなく、一緒に住むパートナーにこそ大切だ。

「自分のヒゲの個性によっては、好きなヒゲを生やせるとは限らない。でも逆に 自分でも思ってもいないようなスタイルに出合えることもある。洋服を着こなすように、変化を楽しんだり、実験したりして遊んでみるといいですね。」と、藤村さん。

小さな変化で新しい自分を見つけるのも、人生を楽しむコツ。ぜひトライしてみるのはどうだろう。

 

クワトロボタニコ(QUATTRO BOTANICO)
「枯れない男の肌メンテ」をコンセプトにかかげる日本発のメンズ ボタニカルスキンケアブランド。「肌が変わることで、人は内面や人生までをも変えられる」という信条のもと、自己を高め続ける大人の男性の肌メンテンナンスをサポートするスキンケア製品を揃えています。ブランドの詳しい情報は、こちらから。

 

SEARCH