男の肌荒れ・乾燥に!毎日の簡単ケア5つ

お知らせ2018.9.25

「かゆみ」「粉ふき」「白くなる…」「カサカサ」

秋から冬にかけて特に現れる乾燥肌のサイン、見逃していませんか?洗顔後や入浴後、肌がつっぱったりする症状があれば、それも乾燥のサインです。毎日のシェービングや、乾燥したオフィスに長時間いることで、男性の肌はとても乾燥しやすい状態になっています。

「男だし、乾燥ぐらい」という方もいらっしゃるかもしれませんが、男性の肌は意外と見られているようです。特に、女性からは「カサカサした肌を見ると、余裕のない印象が」「肌荒れや白い粉が付いているのを見ると、清潔感がないように見える」いった意見も。

男性にとって、仕事でもプライベートでも重要な“清潔感”を保つには、肌の乾燥対策は必須のようですね!

乾燥を放置すると肌荒れや炎症に。「赤い」「ヒリヒリ痛い」は皮膚科へ

乾燥肌。かゆかったり白い粉をふいたような状態になりそれだけでも辛いものですが、そのまま放置すると、今度は赤くてヒリヒリと痛みが出る肌荒れや炎症へと悪化することも。特に10月頃から冬にかけては、空気中の湿度が急激に下がり、夏に紫外線を浴びた秋・冬の肌はダメージを受けやすく、乾燥肌が悪化しやすい季節です。赤みや痛みを伴うような肌荒れ・炎症の症状が出た場合は、早めに皮膚科を受診してくださいね。このページでは、乾燥が酷くなってしまう前にぜひ試していただきたい対策をご紹介します。

「毎日の簡単ケア」5つ

まずは今日からすぐに取り入れられる、毎日の簡単ケアを5つご紹介します。

 

1.とにかく加湿

秋から冬にかけての空気の乾燥や、エアコンによる乾燥は、加湿器を使う事で防ぎましょう。部屋の広さに合った加湿器を使用し、適度な湿度を保つことで乾燥肌の予防につながります。

特に長時間過ごすオフィスでは、最近流行の卓上加湿器を利用してみるのもいいかもしれません。最近では、男性向けのシンプルなデザインのものも!

2.お風呂・洗顔時のNG行動

お風呂やシャワー時の洗顔で、熱いお湯を使ったり、ゴシゴシこすり洗いをしていないでしょうか?実は熱いお湯やゴシゴシ洗いは、必要な皮脂まで落としてしまい乾燥を悪化させます。ぬるめのお湯で優しく洗う事をこころがけてみてください。

また入浴後や洗顔後、タオルでふきとるときもゴシゴシこするのはNGです。顔の皮膚はとても繊細で、タオルとの摩擦が負担となり肌の乾燥を起こしてしまうことも。優しく押さえるようにふき取りましょう。

3.食べ物で身体の内側からケア

乾燥肌・肌荒れは、食生活を改善することで内側からも改善することが可能です。ファストフードやスナック菓子などの塩分油分が多い高カロリーな食べ物は、代謝を悪くし肌の新陳代謝を滞らせるので控えめにした方がよさそうですね。

もちろん色々な食材をバランスよく食べることが大切ですが、中でも乾燥肌・肌荒れ対策に有効な栄養素を多く含む食材をまとめてみましたので、毎日の食事に少し意識して摂ってみてはいかがでしょうか?

—–乾燥肌・肌荒れ対策 おすすめ食材—–

アボカド

アボカドは“森のバター”と呼ばれるほど、栄養価の高が高く、肌に必要な栄養素もバランスよく含まれています。

不飽和脂肪酸のオレイン酸や、角質層を保護して乾燥肌を予防してくれる良質な脂質「オレイン酸」や、ビタミンA、C、B2、Eなど豊富なビタミン群も摂取できます。ただし1日1個程度を目安に、食べ過ぎには注意です。

アーモンド

アーモンドは非常に栄養価が高く、美肌やダイエット効果も期待できることから、アーモンドミルクなどでも昨今注目を集めました。抗酸化力の高いビタミンEが豊富で、美肌をつくる良質な脂質「オレイン酸」も多く含まれています。

おつまみやおやつに、意識的にアーモンドを取り入れてみてはいかがでしょうか?

たまご

新陳代謝を活発にするビタミンAや、肌の潤いを保つコラーゲンの原料となるアミノ酸、肌をつくるタンパク質など、良質な栄養素を多く含みます。また、特に卵黄には、ビオチンという皮膚の健康を保つ成分も。

納豆

納豆には豊富なタンパク質と、ビタミンE、角質層への保水効果があるセラミドなど、肌の保湿を高める成分が豊富です。

また、コラーゲンの生成を助けてくれる大豆イソフラボンも含まれており、肌の乾燥を防ぎ、潤いを保つ役割も。

———————————–

4.良質な睡眠をとる

肌は眠っている間にターンオーバーを繰り返しているので、睡眠の質を上げる事は肌荒れ・乾燥肌対策に予想以上に効果的です。質のいい深い睡眠によって、成長ホルモンが分泌され、ダメージを受けた肌を回復させてくれるのです。寝不足や、不規則な生活は、肌荒れ・乾燥肌の大敵ですよ。

良質な睡眠をとるために、まずは次の3つを心がけてみてください。

就寝前2時間は食べ物を口にしない
入浴は就寝1時間前までにすませる
ベッドでのスマホ(ネットやゲーム)は厳禁

5.クリームでケア

睡眠時間や食べ物などわかっていてもなかなかすぐには改善が難しい、もう少し手早く…という方におすすめなのがクリームです。

「クリームはベトベトして苦手」「男なのにクリーム?」とクリームに苦手意識のある男性も多いですが、実は“クワトロボタニコ”の「ボタニカル パワーリフト&ディープモイスト」は、シリーズの中でもユーザーレビューNo.1を誇る、満足度が圧倒的に高い商品なんです!

毎日の化粧水の後にプラスするだけなので、手間なく肌荒れ・乾燥肌を改善したい方には、実はクリームが一番おすすめです。

ジェル状だからすっとのびて、さらりとした使用感

べたつきが気になる男性が多いからこそ、使用感にはこだわりました。「ベトベト感はなく爽やかなつけ心地」と使用感に対するレビューも多くいただいています。

 

潤いを閉じ込めて長時間持続

化粧水のあとに、ブルーベリー大の量を下から上へやさしく塗るだけでOK。化粧水の後、クリームで蓋をしてあげることで長時間肌にたっぷりのうるおいを閉じ込めることが可能です。クリームを併用することで、化粧水の効果を最大限引き出すことができます!

エイジングケアクリーム

乾燥によるつっぱりはもちろん、エイジングケアもしてくれるから、ハリ・弾力のみなぎる肌にしてくれるのもうれしいですね。使いはじめてから短期間で効果を実感できたという声を多くいただいているのも、このクリームの特長です。

クワトロボタニコ「ボタニカル パワーリフト&ディープモイスト」の商品ページはコチラ

いかがでしたか?これからの季節ますます肌は乾燥しやすくなっていきます。毎日のちょっとしたケアと、特別な日のためのクリームパックのダブル使いで乾燥しやすい秋冬を「健やかな肌」で乗り切ってくださいね♪