これがベスト! 大人のための、メンズ オールインワン最新事情

特集記事 2020.9.4 Facebook Twitter はてなブックマーク

種類が多すぎて悩んでしまう…
大人の「オールインワン」の選び方とは?

肌がベタつく、ごわつく、でもカミソリ負けでひりつく、冬は乾燥する・・。男性の肌は実は厄介で繊細なもの。「清潔感のためにスキンケアをするのはいいけど、できれば簡単に済ませたい」そんな方におすすめなのが「オールインワン」と呼ばれるスキンケアアイテムです。

しかし、この頃ではオールインワンタイプの化粧品が溢れていて、何を基準に選んだらいいか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。「できるだけシンプル・簡単にスキンケアをしたい」そして、「どうせなら自分にあった質の良いものを選びたい」そんな大人の男性に、オールインワンの最新情報、そして間違えない選び方をお伝えします。

 

「オールインワン化粧品」の、今さら聞けない基礎知識

そもそもオールインワンとは、いくつものスキンケアアイテムの効果が1つに凝縮されている基礎化粧品のこと。洗顔した後、その一本を使うだけでスキンケアが終了、というものが多く、化粧水、美容液、乳液(クリーム)など幾つものステップの効果を1アイテムで兼ね備えているのが特徴です。

実は洗顔後の肌は、洗顔料で皮脂や汚れとともに肌の本来もつ保湿成分まで洗い流されていて、PHもアルカリ性へ傾きがち。そのために、スキンケアでPHを整えながら水溶性の潤いを与え(化粧水)、肌に必要な特別な効果を持つアイテムを重ね(美容液:例えばアンチエイジング効果など)、最後に油分などの膜で肌内部の潤いを逃さないようにする(乳液やクリームなど)といった幾つかのステップを重ねて整える必要があります。

そんないくつかのステップを一度で全て叶えてくれるのがオールイン化粧品。基本的には、「潤い補給」と「乾燥しないための保湿」が叶っていれば、オールインワン=1本で十分と言うことができるわけです。

 

多機能に惑わされず、欲しい効果をわがままに選ぶ時代へ

「重ねる手間が省け、スキンケアの時間を短くできる」ということで、男女を問わずここ数年人気の高いオールインワン化粧品。しかし、メンズスキンケアが一般化するに伴い、メンズオールインワンにも様々なものが出てきていているため、自分に合ったものはどれなのか、選び方が難しくなってきたと感じる方も多いでしょう。

見極めるべきポイントは、まずは自分の肌の状態を理解し、欲しい効果、使い心地、使いやすいアイテムは何かを明確にすること。

「1つで〇役をこなす」といったうたわれ方をしがちなオールインワンですが、実は「いくつのステップを兼ねているか」などはあまり気にしなくて大丈夫。それよりも、具体的な肌への効果や、成分、使い心地、使いやすさ、使い続けられるかどうか、などを総合的に見極めることが大切です。

種類が豊富になってきているからこそ、今や大人のオールインワンはわがままに、自分が欲しい効果や性能にとことんこだわって選ぶ時代になったと言えるでしょう。

 

大人のオールインワンは、「効果」と「使い心地」で選ぶ

質の高いオールインワンを選ぶ際に、まず1つめの重要なポイントは「潤いを与える以外のどんな効果を期待できるのか」。

大人の男性にとって、やはり気になるのは年齢による肌変化ではないでしょうか。毛穴が開いたり、ざらつきや乾燥と一緒に起こりがちな「ハリ不足」は老けて見られる原因に。また、男性の肌悩みNo.1と言っても過言ではない「脂っぽさやテカリ」も何とかしたいところです。

つまり大人のオールインワンには「エイジングケア」や、「テカリ対策」が期待できる「高い美容液効果」が必須と言えます。

そして、もう一つ気にすべきなのが「使い心地」。毎日使用するものだからこそ、ストレスなく心地よく使えるかどうかが、重要なポイントなのです。

洗顔後まっさらになった肌に、たっぷりの潤いを与えながら、欲しい効果を心地よく手軽に手に入れる。
多機能な商品が多く、悩んでしまいがちなオールインワン化粧品選びですが、大人のオールインワンは「効果」と「使い心地」の2点で選ぶことをおすすめします。

 

「効果」と「使い心地」で選んだ結果
オールインワンは「化粧水タイプ」が正解

クリームタイプやジェルタイプなど、様々なテクスチャがあるオールインワンですが、おすすめは誰にでも使いやすい「化粧水タイプ」のもの。

せっかく質の高い成分が配合されていても、肌の深部に届かなければ効果は出にくいもの。液体状の「化粧水タイプ」は肌にすっと浸透しやすいのが特徴で、角質層内に水の通り道を作ることで美容液成分と潤いを肌の奥まで届けることができます。つまり、よりお高い「効果」を求めるなら、「化粧水タイプ」に期待がかかります。

さらに「化粧水タイプ」は、クリームやジェルタイプと比べるとべたつきにくいのも嬉しいところ。洗顔後の肌に心地よく使用できるので「使い心地」の意味でもおすすめです。

 

メンズオールインワン化粧水のパイオニア!
「クワトロボタニコ」の人気No.1オールインワン化粧水

クワトロボタニコは、早くから「化粧水タイプのオールインワン」の利点に着目し製品を作ってきた、いわばメンズオールインワン化粧水のパイオニア。「効果」と「使用感」を求める大人の男性へ、クワトロボタニコのオールインワン化粧水は自信をもっておすすめできるアイテムです。

2014年のブランド設立時から人気の高いオールインワン化粧水「ボタニカル ローション&アフターシェーブ」は、浸透しやすい「化粧水タイプ」の利点はそのままに、乳液の効果をはたす独自開発の「とろみ」をプラス。

トロリとしたテクスチャがうるおいの膜をつくることで、水分の蒸発を抑え、浸透させたうるおいや美容液成分を逃がさず閉じ込めます。オールインワンの基本性能である「うるおいを与え、持続させる」をしっかり叶える最先端の製品設計を採用しました。

少量でよくのびて、しっとりするのにベタつかないとユーザー様からの評価も高く、リピーターも多いクワトロボタニコの人気No.1アイテムです。

さらに、2020年には、新たにオイリー肌向けのオールインワン化粧水「ボタニカル オイルコントロール & スキンコンディショナー」を発売し、男性の多様なニーズに応えるラインアップを拡充しています。

肌タイプに合わせて選べる2種類で
「エイジングケア」や「オイルコントロール」まで

もちろんテクスチャや使用感だけでなく、美容液成分の質の高さにも自信があります。大人の男性の4大肌トラブルと言われる「乾燥・ハリ不足・皮脂トラブル・毛穴トラブル」に働きかける4種の植物エキスを配合。年齢を重ねると気になる肌のカサつきをケアしうるおいはキープしながら、テカリやベタつきを抑えすっきりとした清潔な肌へ導きます。

ご自身の肌のお悩みに合わせて、乾燥が気になる方へおすすめのしっとりタイプと、肌のベタつきが気になるオイリー肌に嬉しいさっぱりタイプの2種類からお選びいただけます。

 

【乾燥しがちな方へ、しっとりタイプ】

ボタニカル
ローション&アフターシェーブ

  • 115mL(2-3ヵ月分)

2,000 yen + tax

男の4大肌トラブル「乾燥・ハリ不足・皮脂トラブル・毛穴トラブル」に働きかける、オールインワン化粧水。

特に乾燥、肌荒れ、ハリ不足が気になる方に。

トロリ後、サラリの絶妙な使用感。

【オイリー肌の方へ、さっぱりタイプ】

ボタニカル
オイルコントロール &
スキンコンディショナー

  • 150mL(3ヵ月分)

2,500 yen + tax

気になる「テカリ・べたつき」と失われつつある「ハリ・うるおい」の両方をケアする、オールインワン化粧水。

肌に潤いとハリを与えながら、キリッと引きしまった肌へ。

スキッと爽快な使い心地。

 

 

いかがでしたか?
人気のオールインワンは、枯れない男のための簡単、かつ必須アイテム!大人の男性はオールインワンにも、欲しい効果をわがままに期待するのが正解です。

 

クワトロボタニコ(QUATTRO BOTANICO)
「枯れない男の肌メンテ」をコンセプトにかかげる日本発のメンズ ボタニカルスキンケアブランド。「肌が変わることで、人は内面や人生までをも変えられる」という信条のもと、自己を高め続ける大人の男性の肌メンテンナンスをサポートするスキンケア製品を揃えています。ブランドの詳しい情報は、こちらから

SEARCH