簡単UVカット4つのメソッドとおすすめ日焼け止め

お知らせ肌メンテ AtoZ2019.4.24

その“日焼け”が数年後の“老け顔”の原因!?

女性からの人気も高い“色黒男性”。健康的でさわやかなイメージから、夏になると毎年こんがり肌を焼くという男性も多いのではないでしょうか。

しかし、ケアをせず紫外線を浴び続けると「しみ」はもちろん、肌の乾燥から「しわ」「たるみ」といった様々なトラブルの原因に。実年齢より老けて見られてしまう事にもなりかねず、後々後悔するかもしれません。

「色が黒くなるだけで、なんともないよ。大丈夫!」という方でも、紫外線は数年かけて蓄積され、許容量を超えると一気に肌に表れると言われています。30代後半~40代で、急激に表れた「しみ」に困惑する男性も多いようです。

素顔で勝負する男性にこそUVケアは必須

肌トラブルをある程度メイクで隠せる女性とは違い、男性の場合は素肌の印象がそのままあなたの“印象”へと繋がってしまいます。年齢以上の“老け顏”や印象を悪くする“紫外線による肌トラブル”は、人間関係やビジネスの上でも避けたいものですね。

スマートに!男性むけ簡単UVカット4つのメソッド

「忙しいし面倒」「紫外線を気にしている姿を見られるのは少し恥ずかしい」そんな男性のために、簡単で、スマートな紫外線対策をご紹介します。夏のファッションの主役にもなるサングラスやハットで、楽しみながらさりげなくUVカットを取り入れてみましょう。

1.長袖シャツを羽織る

薄手のシャツを一枚携帯すると、いつでもサッと羽織れておすすめです。もちろんUV加工のものは効果が高いですが、手持ちのものから選ぶなら繊維密度の高いポリエステルや木綿のシャツがおすすめです。

2.UV加工のサングラス

意外と見落としがちなのが目から吸収する紫外線。その量はバカにならず、しみやそばかすの大きな原因と言われています。レジャーの際だけでなく、運転中も必ずUV加工のサングラスをかけましょう。

3.UVハット

最近はUV加工の帽子もおしゃれなものが多く出ています。「UVハット 男性」で検索するとネットでも多くヒットしますよ。

4.酸化作用のある野菜や果物

抗酸化成分の高い食べ物を摂ることで、活性酸素の影響を抑え身体の中からも「しみ」、「そばかす」対策が期待できます。

ビタミンCが豊富なキウイ、イチゴ、レモンなどや、ベータカロテンが豊富なにんじん、ほうれん草、ケールなどを意識的に毎日の食事に取り入れてみてください。

おすすめ!メンズ専用日焼け止め

それでも「長袖なんて暑くて着ていられない」「サングラスや帽子もつい忘れる」という貴方には、日焼け止めの使用がおすすめです。

なかでも「日焼け止めは苦手!」という男性にこそぜひためしていただきたいのがクワトロボタニコのボタニカル オイルコントロール&UVブロックです。

国内最高値のSPF50+、PA++++なのに、さらっと軽いつけ心地の「新感覚ジェルタイプ」の日焼け止めです。

さらに「オイルコントロール処方」でテカリを抑えた清潔肌を約8時間キープするので「塗った方が皮脂や毛穴も目立たない」と好評です。

ベルガモットとローズマリーがさわやかに香るので、日焼け止め特有のにおいが苦手な方にもおすすめです!

気になった方はこちらからチェックしてみてくださいね。

→“ボタニカル オイルコントロール&UVブロック”商品ページリンク

ちょっとした肌への気遣いが、数年後のあなたの“見た目年齢”を大きく左右するかもしれません。紫外線対策を万全にして、ゴルフやご家族とのアウトドアなど、夏のレジャーを満喫してくださいね!

 

 

 

クワトロボタニコ(QUATTRO BOTANICO)
「枯れない男の肌メンテ」をコンセプトにかかげる日本発のメンズ ボタニカルスキンケアブランド。「肌が変わることで、人は内面や人生までをも変えられる」という信条のもと、自己を高め続ける大人の男性の肌メンテンナンスをサポートするスキンケア製品を揃えています。ブランドの詳しい情報は、こちらから。